2014.7.21 今日の鳥見

朝7時から午後3時まで
オオルリ幼鳥の観察。
前回は寒かったからか
ちょっと遅めで10時ごろに親鳥が現れ
それから幼鳥・・・。
今日は9時過ぎから幼鳥が飛び廻り
存分に楽しませてもらいましたが
2時過ぎに親鳥が現れたと思ったら
皆を引き連れて去って行きました。

2014.7.20 カヤリブタ№13

この子も小柄なので
蚊取線香はミニサイズです。

釉薬は織部だったかな。

2014.7.20 アオバズク

昨日は雨で、今日は陶芸
思い通りに鳥見の時間が取れませんが
この時期、近くの神社には
この子たちがいてくれて
簡単鳥見で大助かりです。

2014.7.19 カヤリブタ№12

次も同じ形が続きます。
これは最近の作品ですが
目、口、胴体、足、・・・
何となく落ち着いてきたかな。
釉薬はローズ何とかカンとか?
思い出せませんがオシャレな色ですよ。

2014.7.16 カヤリブタ№11

相方がいないのが寂しそうなので
この子とどうかな・・・
相性はどうなんでしょうか。
口の大きさはピッタリ?ですよね。
粘土は信楽赤荒目土、釉薬は透明。

2014.7.16 カヤリブタ№10

ウリ型のカヤリブタです。
自分でも分らないんですが
最近はどういう訳か・・・
この形に落ち着いています。
粘土は古萬古、釉薬は蕎麦釉。

2014.7.9 カヤリブタ

ファームの管理人、カヤリブタです。

自分だけの蚊遣り豚が作りたくて
これまでずっと作って来ました。
喜怒哀楽を表現するにはたどり着けず
形も、丸型、筒形、うり形・・・
毎回、粘土まかせのカヤリブタファームですが
これからも楽しく作り続けますので
ぜひ見に来てください。

2014.7.9 カヤリブタ№9

この子、右からポーズも左ポーズも
写真写りでちょっと損してますが
(カメラマンがヘタクソ) 
実物はドキッとする輝きがあるんです。

釉薬は織部の還元。
焼き上がった感想、エッ、何、この色?
陶芸って奥が深いです。